チャンピックスの通販

チャンピックス錠を禁煙外来でなく通販で購入する理由とメリット

保険適応に条件があるチャンピックス錠

他の禁煙グッズに比べても抜群の禁煙成功率を誇るチャンピックス。「これなら絶対にやめられる」と期待を込めて、この禁煙補助薬を利用する方が増えています。

では、チャンピックス錠はどこから入手するのが良いのでしょうか?

1回の禁煙トライに限定して考えると、通信販売利用より病院の禁煙外来を受診し、保険適応にてチャンピックスを処方してもらう方が薬価費用は幾分安くあがります。

しかし、ここには落とし穴があります。実は保険適応でチャンピックスを処方してもらうためには以下4つの条件があるのです。

上記の1・2・4は、いずれも事務的な物ですので禁煙外来を受診する人なら問題なくクリアできます。しかし意外とひっかかってくるのが、3の「ブリンクマン指数」です。

たとえば1日20本吸う方なら10年以上の喫煙歴がないとクリアできないことになります。1日の喫煙本数が少なめだったり、まだ若くて喫煙歴が短い場合は思いがけずここで躓くことになります。

「まだ喫煙歴が浅いのだから自費でやめられるでしょ」ということなのか、決意を持って禁煙外来を受診する人に対して、とても冷たい結果を突きつけられることがあるのです。

1日10本×10年だとブリンクマン指数は100となり、この場合チャンピックスの処方は自費扱いとなってしまいます。「健康を害さないために」と極力少ない本数に抑えてきた人にとっては、納得のいかない話です。

禁煙外来の敷居は意外と高い

あまり知られていないのですが、保険適応にて診療→治療をスタートした後に禁煙に失敗した場合、初診日から1年間は保険が効きません。つまり、すぐに2度目の挑戦を始めようとすると自費治療となるわけです。

自費で禁煙外来に通い、再びチャンピックス錠を処方してもらう場合、かかる費用はじつに平均60,000円ほど。立て続けに保険適応で治療することができないというのも、禁煙外来の意外に不便なところです。

ですが、一旦禁煙に失敗した以上、速やかに次の対策をとりたいのが人情です。1年も待ってから禁煙を再スタートするくらいなら、禁煙への意欲が減退しないうちに早く次のチャンピックスを手に入れたいものです。

他の禁煙グッズを利用するのも選択肢の1つですが、禁煙成功率40%を越えるチャンピックスと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

忙しくても「自分タイミング」で禁煙開始

通販ユーザーに圧倒的に多くみられる傾向が、やはり「忙しくて病院に行けない」ということでしょう。土日祝日も受診できる禁煙外来は数が限られており、忙しく働く人にとっては決して利用しやすいとはいえません。

また、たいていの病院には長い待ち時間があります。忙しい時間を割いてなんとか禁煙外来に出向いたとしても、なかなか終らない。このイライラ感は、むしろ禁煙の敵といえるかもしれません。

その点、時間や場所を問わず気軽に購入できる通信販売はグッと身近な存在です。また、値段や価格帯もあなたの希望にあったパッケージから選択することが可能ですので、費用的にも融通が効くところも便利です。

チャンピックスを通販で購入するメリット

以下は、チャンピックス錠を通販で購入するメリットのまとめです。

失敗しない販売店選びのポイント

通販でチャンピックスを購入するメリットは様々ですが、医師に処方してもらう方法と比べると若干リスクはあると言わざるを得ません。

ネットショップ運営者の中には悪質は業者もおり、正規品でない偽物や粗悪品を売りつけられてしまうこともあります。通信販売を利用する際には、くれぐれもそうした悪徳業者につかまらないよう注意しましょう。

安心できる販売店を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

「特定商取引法に基づく表記」は医薬品販売店に限らず、通販に携わるすべての業者に表示が義務付けられています。日本通信販売協会がガイドラインを設けており、この表示がない場合何かしら問題があると思って間違いないでしょう。

もちろん、適当な内容を表示してまともな業者を装うケースも考えられます。購入前にサポートセンターに直接問い合わせをしてみたり購入者のレビューや評判を参考にするなど、信用のおける販売店を選びましょう。

チャンピックスの添付文書というものを読みました。

禁煙を最も推進している国というイメージのあるアメリカですが(というか、喫煙者に対してあまり優しくない国みたいですね…知り合いにも、喫煙OKなところでタバコを吸っていたのに、男性からいきなり妻の妊娠を理由に喫煙を止めるよう迫られた人がいます)、そこでは今、チャンピックスが精神障害を引き起こすという問題が議論されているそうですね。

気になって、ネットでチャンピックスの添付文書を見てみました。すると、引き起こすとまでは書いていなくても、精神障害の症状を悪化させる副作用の報告がありました。また、うつ病の発症なども否定はしていないので、やっぱり一定の関係はあるんじゃないかな、と思いました。まぁ、チャンピックスは脳に作用することでタバコを不味く感じさせるみたいですから、同じく脳と関係する精神障害に何等かの影響を及ぼすのも頷けます。でも、そうした副作用って、どの症状がどれくらいの程度で発症するかは、人によるところが多いと聞きます。なので、うつ症状や自殺は、本当に稀に起こる重度な副作用と位置づけられると思うのですが…実際はどうなのでしょうか?

チャンピックスで禁煙成功した人のブログを見つけました。

札幌駅などで、人と煙で一杯の喫煙室を見るたびに、日本では禁煙風潮が年々強くなってると言われてるけどそれって嘘じゃないのかな、と思います。まぁ、実際はそういう風潮が強くなっているから、あんな狭苦しい所に入って喫煙者はタバコを吸うしかないっていうことだとは思うんですけど。

ところで、この前たまたま禁煙薬のチャンピックスで、禁煙に見事成功した人のブログを読みました。その人はもう禁煙に成功して1年目みたいなのですが、もうほとんどタバコのことを思い出すことはないみたいです。また、ヘビースモーカーの人のタバコ臭さも不快に思うようになったり、タバコのヤニで汚れていた歯が綺麗になったり、今までタバコを吸っていた時間を他のあてたり、ストレス無しで旅行に行けるようになったりしたのだとか。禁煙すると、やっぱり色々と変わるんですね。それに、タバコは今どんどん値上がりしていますから、チャンピックスは通院も入れるとお金はかかりますが、やっぱり長期的に考えると一生タバコを買い続けるよりは経済的だと思います。病院に通う必要が無いなら、もっと魅力的なんですけどねぇ。

チャンピックスの副作用では便秘もよく起こるそうです。

一部のメディアで、チャンピックスの副作用で、重篤なうつ症状が発症し、最悪の場合は死に至るケースもあると報じられているそうですね。ちなみに、チャンピックスの製造会社であるファイザー社はこれを否定しているそうです。会社の研究で、チャンピックスの間に因果関係は無いと研究で証明したとのことですが、この研究の信ぴょう性を巡ってまた論争が起きているそうです。

実際はどうなんでしょうか?一方、チャンピックスの副作用によくある症状としては、便秘が挙げられるそうです。タバコって、百害あって一利なしのものですから、逆に吸わなくなったら快便になるんじゃないのかな、とも思ったのですが、実は、タバコを吸っている人はそれに体が慣れて、それが無くなると排便できないメカニズムになってしまっているそうです。つまり、喫煙歴が長い人はそれだけ、チャンピックスを使った場合は便秘になりやすいということなんですね。でも便秘で禁煙できるなら、安いものだという気もするのですが・・・。

チャンピックスでうつ病になる?

禁煙薬と言えば、今日本ではチャンピックスが流行っていますね。脳に直接働きかけるということで、タバコを不味く感じさせてくれるという点が新しいところみたいですね。これなら、ストレス無く禁煙ライフを送れるのではないでしょうか?吸いたいのに吸えないっていうのが、やっぱり一番のストレスですからね。

しかし一方で、チャンピックスの副作用として、うつ病を発症する危険性も指摘されているみたいです。そのため、現在うつ病などの精神障害の治療中だったり、その経験がある人は使用が推奨されていないのだとか。でも変な話、うつ病の治療と並行して、チャンピックス服用する人っていないと思うのですが。それにしても、禁煙で体は健康になっても、心の健康が損なわれては元も子もありませんから、この危険性が本当なのかどうか早くはっきり知りたいですね。せめて、その副作用がしょっちゅう生じるものなのか、稀に起こるものなのかだけでも知っておきたいです。

チャンピックス服用中は副作用として眠気が襲ってくることがよくあるみたいですね。

タバコを吸っている人は、食後の一服が美味しいってよく言うみたいですね。ちょっと今までタバコは一切吸ったことがないので、個人的にはよくわからないのですが、あとは、気分を変えるとかリフレッシュするにはタバコって結構良いみたいです。まぁ喫煙者にとっては、ですが。

ただそのせいで、チャンピックスを服用することで禁煙治療をする場合、眠気という副作用がよくあらわれるそうです。タバコに含まれるニコチンという刺激が無くなったから、というのが主な理由みたいですね。つまり、禁煙当初は今まであったリフレッシュ手段が使えなくて困ることもある、ということですね。最初から吸っていない人にとっては、体を伸ばすとかストレッチするとか、別にリフレッシュ方法ありますけど、いきなり喫煙者だった人がそれに切り替えるのは難しそうですね。まぁ体が慣れればその内大丈夫になると思いますが。しかし、こういう事実を考えると、喫煙歴が長ければ長い程、やっぱり禁煙するのは難しいのかなと感じます。

チャンピックスの副作用に頭痛ってあるんですね。

タバコを止める時の最大の敵は、禁断症状だってよく言いますよね。手が震えたり、イライラしたり、気分が乗らなかったりするみたいですけど、いかんせん今までタバコというものとは無縁だったので、想像できません。というか、手が震えるって一体どれだけ吸ってたらそうなるのでしょうか?

ただ、そうした禁断症状はチャンピックスの場合だと抑えられることが多いそうですね。今までのニコチンが少量入った禁煙薬とは違い、脳にタバコが美味しくないと感じさせることで、自然に喫煙欲求を起きないようにしてくれるのだとか。今の禁煙薬ってここまで進化したんですね。ただ、やっぱり効果の反面副作用もって、頭痛がよく起こるみたいです。主に服用して最初の方に。これも禁断症状の一種なのかもしれませんね。脳は誤魔化してるけど、まだ身体が慣れてない、みたいな感じで。でもこれでタバコをもう一生吸わなくて良いのなら、私だったらいくらでも我慢できちゃいそうです。まぁそこのところは、多分どれだけタバコ歴が長いのかにもよると思います。

チャンピックスは、副作用で夢をみやすくなる!?

やっぱり、薬は効果の反面、副作用はつきものなんですね。まぁ副作用って言っても軽いものなら良いですよね。たとえば、飲み始めて数日感だけとか、身体が徐々に慣れていけば消えていく、とか。でも、薬の物によっては服用期間中ずっと続くのもあるみたいですからね。個人的には吐き気が一番嫌です。

今流行りのチャンピックスもそれは例外ではなく、主な副作用の1つに「不眠」が挙げられるそうです。毎日の眠りが浅くなるため、夢をみるようになったり、疲れが取れずに最悪うつ傾向になることもあるみたいです。吐き気も嫌ですけど、こうして地味に少しずつ身体にダメージが溜まっていく副作用も嫌ですね。これ、飲んでいる間ずっと続くのでしょうか?それじゃあ、禁煙成功で肺などが健康になっても他が逆に悪くなっていそうです。でも、これだけ日本でもチャンピックスが人気ということは、そこまで深刻な症状となるケースは少ないということでしょうか?後で実際の体験談みたいのないか調べてみようと思います。

チャンピックスの保険適用期間は12週間みたいですね。

病院に言った場合、3割負担で日本で良いですけど、それでも結構するなぁと思う時があります。これで三割だから、と、前ちょっともし十割だったらと計算してみたのですが・・・本気で、日本に生まれてきて良かったと思いました。全額自費負担だったら絶対あっという間に破産でした。

ちなみに、禁煙治療というのも保険の適用が効くみたいですね。ただ、チャンピックスの場合はちょっと制限がついているみたいです。チャンピックスによる治療って、12週間かかるみたいなのですが、それに関してはちゃんと保険がきくものの、途中で挫折したり、まだ完全に治っていず年内に治療を再開する場合は、それ以降自己負担となるそうです。つまり、保険で全てまかないたい場合は、1年に1回しかチャンピックスには挑戦できないということなんですね。うーん、12週間って3ヶ月ちょっとですから・・・次の年まで待つのはちょっと難しいですね。そもそこも病院行くのも面倒ですし。何かもっと簡単な方法って無いのでしょうか?

チャンピックスの副作用はうつ病!?

日本でも、チャンピックスが原因で自殺したと思われるケースが発生しているそうですね。ちなみに、これについてはアメリカの方でもっと前から言われていたみたいです。なんなんでしょうか。タバコをやめたせいで、やっぱり精神的なストレスみたいのがやっぱり溜まるのでしょうか?

でも、日本のケースを見てみると、それってチャンピックスの他の副作用の「不眠」から派生している感じなんです。最初に、最近あまり眠れない、から始まって、最後に自殺してしまったという。眠れないのが続くと、いくら健康な人間でも不健康になってしまいますからね。なんとなく身体が重かったり、慢性的な頭痛に苦しめられたり。それが続こうものなら、絶対うつ病になってもおかしくないと思います。でも、その「不眠」の症状を和らげるにはどうすれば良いのでしょうか?要は眠りたくても眠れないわけですから、やっぱり睡眠導入剤とかが有効なのでしょうか?禁煙外来には、そこのところのサポートも欲しいところですね。

最安値のチャンピックスを通販で購入できる販売店を探しています